ベンツ M-Class

スポンサードリンク
街をスポーティに、そして快適に駆けるためのスタイリッシュなSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)としてベンツが満を持して開発し、そしてアメリカを最大の市場とする狙いからアメリカのアラバマ州で生産されているのが、このM-Class。

2代目となる現行型は、初代と比べるとボディサイズも一回り大きくなり、エクステリアのクォリティも立派になっているものの、そのダイナミックなデザインは初代より引き継がれ、さらに躍動感あふれるシャープなスタイリングを特徴としています。

フルタイム4WDを採用しながら他社のSUVと比べると柔らかめのサスペンションで、乗り心地を重視しているところはさすがにベンツらしいところですが、好みによってサスペンションが硬めのオフロードパッケージが用意されているのも魅力ですね。

もちろん、4EPS(4エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)やDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)といった、ベンツならではの装備が全車標準搭載されていて、高い悪路走破性と安全性が確保されているのも嬉しい点。

ラインアップは、3.5L V6エンジンに1車種、5.5L V8エンジンに1車種、そして6.3L V8エンジン AMGに1車種の計3車種が設定されていますが、ベーシックグレードの3.5Lでも、存分にその走りを堪能できます。価格は735万〜1413万となっています。
posted by Meister | ベンツ(MERCEDES-BENZ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。