ドイツ車の日本市場

スポンサードリンク
いまや、日本の外車市場の内、6割以上を占めているのがドイツ車(ベンツ・BMW・アウディ・ワーゲン・ポルシェの5メーカー)だって知ってました?

それだけ、人気があるということなんですが、ドイツ車のブランド力っていうのは強いですよね。

しかも、比較的小型の車両からSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)に至るまで、様々な車種が揃っていて、いろんなライフステージに合った車が選べるようになっています。

私なんかは、「これで、もう少し値段が一般的に手の届く範囲であれば、市場はもっと広がるのになぁ」なんて思ったりするんですが、そこはそれ、ドイツ車には求められるステータス性というものがありますから、既に手に入れて乗ってらっしゃる方にとっては、”今の値段が適正”ということになるのかも・・・(^^;。

まだまだ、ドイツ車は憧れの域を出ませんが、私を含めて「いつかは、ドイツ車に・・・」と思っていらっしゃる方!

まずは、いろんなドイツ車を具体的に知ってみましょう。
posted by Meister | 日記

ドイツ車の魅力とは?

スポンサードリンク
私がドイツ車を始めて意識し出したのは、中学生の頃。

それまでは、車と言えば何もかも同じように見えて、さして興味もなかったんですが、その内、あのフロントグリルに光るスリーポインテッドスター(その頃は、もちろん、そんな言葉は知る由もなかったんですが(^^;)が気になりだしました。

良く見ると、他の車とは違う雰囲気も持っている。何か重厚な雰囲気があるんですね。そして、車に詳しい友人等に聞いてみると、「ああ、ベンツね。」との答え。

「ベンツ?」「うん、ドイツの車だよ。」「へ〜、外車なんだ!」ということで、それからは、いろいろ雑誌で調べたりして、ドイツ車にもいろんなメーカーがあることを知り、ドイツ車に魅せられるようになっていきました。

ドイツのマイスター達が、丹精をこめて造り上げた「ドイツ車」。

ここでは、そんなドイツ車の魅力を紹介していきたいと思います。
posted by Meister | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。