ベンツ SL-Class

スポンサードリンク
ベンツのラインアップの中で最もスポーティなハンドリングを発揮し、常にベンツのスポーツモデルの頂点に君臨してきたSL-Class。

デビューから既に7年目に入ったSL-Classですが、第2世代となる車両姿勢電子制御装置であるABC(アクティブ・ボディ・コントロール)と、本来的に持っているボディ剛性の高さは全く古さを感じさせません。

その特性は、車両重量が1.8tにもなるビッグボディながら、思い切ってコーナーに飛び込んでいっても、ピタリと路面に吸い付くような安定感となって表出。

スポーツカーらしい端正なマスクや贅沢な2シーターと言う特別感と相まって、ベンツというメーカーの枠を超えてトップクラスの走りを体感させてくれるところは、まさに後世語られる名車に名を連ねる完成度と言って良いでしょう。

ラインアップは、3.5L V6エンジンに1車種、5.5L V8エンジンに3車種(内2車種はAMG)、5.5 V12エンジンに1車種、6.0L V12エンジン AMGに1車種の6車種を設定。価格は1153万〜2873万となっています。
posted by Meister | ベンツ(MERCEDES-BENZ)

ベンツ SLK-Class

スポンサードリンク
2004年にフルモデルチェンジし2代目となったSLK-Classは、ベンツの中でも異彩を放つ2シーターオープンスポーツモデル。

スリーポインテッドスターを真ん中に独立した形であしらった、個性的で唯一無二と言っても良いフロントマスクや、電動バリオルーフが抜群に映えるスタイリッシュでコンパクトなボディは、見ているだけで贅沢な気分に浸れる雰囲気を持っています。

ボディサイズ自体は先代より若干大きくはなっているものの、各部の見直しにより、運動性能ははるかに高くなっていて、ベーシックな1.8Lエンジンを搭載したグレードでも、十分な走りを楽しむことができるようになっているのが魅力。

ただし、贅沢を極めるのなら、やはり最上グレードのAMGを選択するに越したことはありません。室内の装備やプレミアム性はもちろんのこと、走りに関しては官能的とも言える感覚を堪能することができるでしょう。

ラインアップは、1.8L、3.0L V6エンジン、3.5L V6エンジン、5.5L V8エンジン AMGに各1車種の4車種を設定。価格は552万〜1020万となっています。
posted by Meister | ベンツ(MERCEDES-BENZ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。