ベンツ CL-Class

スポンサードリンク
ベンツのフラッグシップであるS-Classを、贅沢きわまりないクーペに仕立てたのがCL-Classです。

全長、全幅はS-Classと同じで、全高だけが低くなったこのドイツ車ビッグクーペの押し出し感たるや、まさに威風堂々といった感じですが、同時にその5mを超える伸びやかなスタイルに気品をも感じさせるところは流石。

乗り味はS-Classと比較すると、全高が低くなっている分だけ幾分引き締まった感じで、S-Classを少しスポーティにした感じといった印象を特徴としています。

また内装も、基本レイアウトはS-Classと同様ですが、ダッシュボード回りや、センターコンソールなどにCL-Class専用のデザインが盛り込まれ、独自の近未来的な雰囲気を醸し出しているのが特徴。

ラインアップは、5.5L V8エンジン、5.5L V12 ターボエンジン、6.2L V8エンジン AMG、6.0 V12 ツインターボエンジン AMGに各1車種の全4車種を設定。価格は1520万〜2880万となっています。
posted by Meister | ベンツ(MERCEDES-BENZ)

ベンツ CLK-Class

スポンサードリンク
ベンツを代表するミドルクラスC-Classのシャシーをベースとしていることでのバランスの良さと、スポーティなルックスが自慢のCLK-Class。

C-Classの”もうひとつの顔”といった位置づけで、C-Classが持っているベンツならではの優雅で快適な乗り心地と、その特別なスタイルを味わうことができるスペシャリティーです。

クーペの他にカブリオレがラインアップされていますが、カブリオレでもシャシー性能が抜群なだけに、その剛性は十分。また特筆すべきは、ソフトトップであってもハードトップに迫るだけの静粛性を確保している点で、後方視認性についても、ソフトトップとしては他と比較して良好な視界を確保しています。

ただ、惜しいのはカブリオレに右ハンドルの設定がない点。スペシャリティーであるだけに、あまりこだわる人はいないかもしれませんが、是非とも設定が欲しかったところですね。

グレードは、先ほど述べたクーペには、1.8L、3.5L、6.2L(AMG)の排気量ごとに3車種を設定。カブリオレには3.5L、6.2L(AMG)の排気量ごとに2車種が設定されています。

価格は、クーペが580万〜1230万、カブリオレが870万〜1300万となっています。
posted by Meister | ベンツ(MERCEDES-BENZ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。