ベンツ CLS-Class

スポンサードリンク
精悍なクーペをイメージさせるマスクを持った、高級ドイツ車セダンがCLS-Classです。

ベースとなっているE-Classより全長・全幅とも寸法が長く全高が低くなっているボディに、標準で装備している18インチホイールがスポーティイメージを強調。

そのため、室内のヘッドクリアランスが多少犠牲になってはいるもののそれを気にならなくさせるほど、全体から醸し出される雰囲気は特別なものとなっています。

もちろん、走りに関してもワイドトレッドを活かしたスポーティな乗り味を楽しめることは言うまでもなく、ミディアムグレード(CLS550)以上ではエア・サスペンションを装備することで、その乗り味をさらにレベルアップ。

「スタイルはクーペが好きなんだけど、実用性がなぁ・・・」、なんて思われるセレブ向きの一台と言えるでしょう。

ラインアップは、3.5L、5.5L、6.2Lの排気量に各々1車種の計3車種を設定(最上級グレードの6.2LはAMG仕様)。価格は880万〜1450万となっています。
posted by Meister | ベンツ(MERCEDES-BENZ)

ベンツ S-Class

スポンサードリンク
堂々たる風格の高級サルーン、まさにベンツのフラッグシップと言える存在感にあふれているのがS-Class。

フロントグリルはベンツらしいテイストを持ちながら、全体としては近年の日本車に近いデザイン(日本車がドイツ車を真似た結果ということも言えますが)となっているのが、逆に新鮮な印象となっています。

クラス下のE-ClassやC-Classが代を重ねる中でスポーツ性を取り入れてきたのに対し、登場当初からスポーツ性を重視して設計されたS-Classでは、最新モデルの足回りとしてエアサスペンションと減衰力を走行状況に合わせて自動調整するADS(アダプティブ・ダンピング・システム)を装備。

スポーティさを前面に出しながら、高級サルーンらしい実にしっとりとした乗り心地を実現しています。

ラインアップは、3.5L、5.5L、5.5Lツインターボ、6.0Lツインターボ、6.2Lエンジンに7車種を設定。最上級の6.0Lツインターボ、6.2LはAMG仕様となっていて、エアロパーツ&19インチホイールを装備しているのが特徴。また、5.5Lの2車種(ツインターボ含む)と6.0L以上では、さらにサルーンの醍醐味を味わえるロングボディとなっているのも特徴です。

価格は、996万〜2820万となっています。
posted by Meister | ベンツ(MERCEDES-BENZ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。