BMW 6シリーズ

スポンサードリンク
クーペやカブリオレといった種の車はもともと贅沢な”遊び車”ですが、ドイツ車の数あるクーペの中でもパーソナルユースに徹した感のあるのが6シリーズ。

シートレイアウトは4シーターとなっているもののリアシートは申し訳程度にしか過ぎず、それだけスタイルにこだわっているのが伺えますよね。

もちろん、走りに関してはBMWらしい乗りやすさと走る楽しみを感じさせる操作感を持っていて、パワーからいえば最上級のM5(なんと507psを発揮!)を選択したいところですが、そこまで追求しなくても、標準的な650iや630iといったグレードで十分なパフォーマンスを楽しむことができます。

また、カブリオレの特別感が際立っていて、メタルトップが多い今時のカブリオレの中にあって、こだわりのキャンバストップというのもなかなかのもの。晴れた穏やかな日であっても、わざわざクローズにして乗りたくなるほどです。

ラインアップは、3.0Lに1車種、4.8Lに2車種(カブリオレ含む)、そして5.0LにM5と、全4車種を設定。価格は、877万〜1585万となっています。
posted by Meister | BMW

BMW 5シリーズ セダン

スポンサードリンク
同社の3シリーズ セダンをより重厚にし、そしてドイツ車のハイクラス・セダンに相応しいパッケージングを設えたのが、この5シリーズ セダンです。

特徴的なのは、そのボディサイズからは想像できない軽快でスポーティな運転フィーリングで、その最たるものが別格とも言えるM5(Mチューン)。

スイッチひとつで、エンジンの最高出力を400psと507psに切り換えることができたり、そのパワーをゲトラク社との共同開発である7速のシーケンシャルMT(SMGV)で楽しめたり、各種の電子制御のモードを様々に設定できたりと、まさに夢のようなハイテク・カーになっています。

もちろん、ベーシックグレードの525iであっても、5シリーズとしての味は十分に持っているので、その意味において他のグレードに劣ることはありません。

ラインアップは、2.5L、3.0L、4.0L、4.8L、そして5.0LのM5と排気量に各々1車種の計5車種を設定。価格は630万〜1350万となっています。
posted by Meister | BMW
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。