アウディ TT COUPE

スポンサードリンク
まるで近未来を描いたSF映画に出てきそうなフォルムでありながら、現在のアウディの特徴であるシングルフレームグリルが絶妙のマッチングを見せるスマートなクーペがTT COUPEです。

そのスタイルから期待できるように、最新の技術がふんだんに盛り込まれ、ボディにはASF(アウディ・スペース・フレーム)が使用されている他、さらにバランシングのためにスチール素材を最適に配置。

大幅な車両重量の軽量化が図られているおかげで、搭載されているエンジンのパワーを直に感じることができるドライブフィーリングは、このTT COUPEならではのものと言って良いでしょう。

またクーペとして抜群にスタイリッシュでありながら、その荷室が広いのも特徴で、リアシートを倒さない通常の容量で290Lを確保し、リアシートを倒せば、最大700Lもの容量が出現するというのも大きな魅力となっています。

ラインアップは、2.0Lターボ、3.2L V6に各1車種の2車種(3.2Lはquattro)を設定。価格は2.0Lターボが445万、3.2L V6が580万となっています。
posted by Meister | アウディ(AUDI)

アウディ A8

スポンサードリンク
自慢のオールアルミ製フレームASF(アウディ・スペース・フレーム)を用いたアウディの最高級サルーン、アウディのフラッグシップモデルがA8です。

この軽量フレームのおかげで、駆動方式にquattro(クワトロ:4WDシステム)を採用していながら同クラスの他ドイツ車に比べて大幅な軽量化を実現。

アルミフレームを採用していることを明示するかのように、インテリアにもアルミパーツが多用されていて、半艶消しになっているその独特の渋い輝きが、他のドイツ車高級サルーンとは違ったアイデンティティを主張しています。

フラッグシップモデルだけあって、どのグレードも十分にその性能・装備など楽しめるつくりになっているのはもちろんのことですが、圧巻なのはやはり最上級グレードである6.0L W12気筒エンジンを搭載したA8L 6.0 quattroで、日常使用での静粛性とちょっとしたスポーツ走行時の鼓動感ある刺激的な加速を持ち合わせたアウディらしい”味”が絶妙です。

ラインアップは、3.2Lに1車種、4.2L FSI(直噴)に2車種、5.2L(V10エンジン)に1車種、そして6.0L(W12エンジン)に1車種と、全5車種を設定。価格は、867万〜1485万となっています。
posted by Meister | アウディ(AUDI)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。