アウディ A6 セダン&ワゴン

スポンサードリンク
A4シリーズの持つアウディの顔たる存在感を、より一層重厚にしたのがA6シリーズ。

元来持っていた落ち着いた風貌に、近未来的な柔らかい曲線を取り入れたデザインとなっているのが、現行型の特徴となっています。

性能面では、A4シリーズの上級に位置するだけに、ミディアムグレードのFSI(直噴)を搭載したQUATTRO(クワトロ:4WDシステム)こそが本命。ただし、2.4Lのベーシックグレードでも、CVT(無段変速トランスミッション)が組み込まれていることで、その洗練されたスポーティーな走りに不満を持つことはないはずです。

そして、本命の一つ3.2L QUATTROでは、排気量増とFSIでスポーティーを超えた刺激的という表現そのものの走りを実現。また他方の本命4.2L QUATTROでは、エンジン全回転域での厚いトルクを特性とし、さらにパワフルな走りを実現しています。

車型としてはA4シリーズと同様にセダンとワゴン(AVANT)があり、ラインアップは各々、2.4L、3.2L、4.2L、5.2Lの排気量に1車種づつ計4車種(セダン&ワゴンで8車種)が設定されていて、価格帯はセダンが570万〜1260万、ワゴンが600万〜1285万となっています。
posted by Meister | アウディ(AUDI)

アウディ A4 ワゴン

スポンサードリンク
BMWの中核となる3シリーズにワゴン(TOURING)があるように、アウディの中核A4にもワゴンが存在します。名前はAVANT(アバント)。

性能的には、セダンと同様に秀逸なCVT(無段変速トランスミッション)が搭載された、ベーシックグレード2車種(1.8Tターボ・2.0 Attraction)がおススメ。

もちろん、過激な走りを楽しめる、FSI(直噴)ターボにクワトロ(4WDシステム)を組み合わせた2.0TFSIもラインアップされています。

ワゴンとして気になる荷室の広さも、リアシートを倒した場合で1,184Lと十分な空間を確保していて、他の同クラスワゴン車と比較しても遜色ありません。

排気量としては、他に3.2L、4.2Lがあって、グレードはこれまたセダンと同じ計6種類。価格帯は390万〜1017万と、セダンより18万程高い設定となっています。
posted by Meister | アウディ(AUDI)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。