フォルクスワーゲン NEW BEETLE(ニュービートル)

スポンサードリンク
ヒトラー政権下のドイツでフェルディナント・ポルシェ博士が開発を行い、世界各国で半世紀以上に渡って生産されたフォルクスワーゲンの代名詞であるBEETLE(ビートル)の後継が、このNEW BEETLE(ニュービートル)。

1999年の市場デビュー当初ではないにしても、相変わらずそのキュートなスタイルが、老若男女を問わず幅広い層に受け入れられています。

2003年に追加されたCABRIOLET(カブリオレ)も、折りたたんだソフトトップに、そのままの状態でカバーをかけるだけの収納方式になっているクラシカルなところが、キュートなスタイルに似合うと好評。

当初はラインアップにターボ装着車(1.8L)も用意されていましたが、現在ではそのスタイルにマッチしたエンジン体系に見直され、SOHCの1.6Lと2.0Lが用意されているのみといったシンプルな構成になっているのも、NEW BEETLEのキャラクターを演出するのに一役かっていると言われるほどです。

さて、そのラインアップの内訳ですが、今述べた1.6Lに1車種、2.0LにCABRIOLETの2車種を含む4車種の計5車種を設定。価格は231万〜353万となっていますが、このスタイルだけが持つ独特の雰囲気を楽しめるにしては、リーズナブルな値段であるという評価も、人気を保っている秘密なんでしょうね。
posted by Meister | ワーゲン(VOLKSWAGEN)

フォルクスワーゲン EOS(イオス)

スポンサードリンク
ドイツ車の中でも出色のカブリオレといえる、世界初の5分割メタルトップ(収納時間わずか25秒!)を採用したスペシャリティーが、このEOS(イオス)。

フォルクスワーゲンらしいマスクに流麗で締まりのあるボディラインが、スペシャリティーであることを証明しているかのようなデザインが特徴的です。

ルーフをクローズした際はスタイリッシュなクーペ、オープンにした際はカブリオレと、明確な2つの”らしい表情”を見せてくれるのも、このEOSの特徴で、そのボディ剛性の高さゆえ、通常のカブリオレにありがちな走りの緩さといったものもまったく感じられません。

エンジンは2.0LターボとV6 3.2Lがありますが、どちらを選んでもパワーは十分(2.0Lは200ps、3.2Lは250ps)ですから、好みと予算によってチョイスすることができます。ただ価格差が60万もあるので、微妙なところではありますが・・・。

ラインアップは、前述のように2.0Lターボに1車種、3.2L V6に1車種の全2車種を設定。価格は2.0Lターボが438万、3.2L V6が498万となっています。
posted by Meister | ワーゲン(VOLKSWAGEN)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。