フォルクスワーゲン PASSAT(パサート) ワゴン

スポンサードリンク
お手ごろなドイツ車サルーンであるPASSAT(パサート)をステーションワゴンに仕立てたのがPASSAT VARIANT(バリアント)。

”VARIANT”というのは英語で”別の”のとか”異なる”という意味で、その名の通りセダンより更にゆったりとしたロングツーリングを楽しみたい人向けの、まさに「もうひとつのPASSAT」に仕上がっています。

車型以外の基本的な部分はもちろんセダンと同じですから、走行性能に関しても、上質でしっかりとした走りを約束してくれます。

当然ながらリアシートは可倒式で、荷室を含むリアスペースは十二分。ヤングファミリーやセカンドライフを謳歌しようとしている熟年層が余暇を過ごすのにピッタリのドイツ車と言って良いでしょう。

ラインアップはセダンと同様に、2.0L、2.0Lターボ、3.2Lに各々1車種の計3車種を設定。価格はセダンから+16万の338万〜459万となっています。

このクラスの車にしてはセダンとワゴンの価格差が僅かですから、セダンといった車型にこだわるのでなければ、ユーティリティー性の高いVARIANTを選択するのが得策かも・・・
posted by Meister | ワーゲン(VOLKSWAGEN)

フォルクスワーゲン PASSAT(パサート)

スポンサードリンク
JETTA(ジェッタ)をフォルクスワーゲンのスタンダードセダンとするなら、サルーンとも言うべきセダンがPASSAT(パサート)です。

ビッグサルーンといっても良い堂々たるボディを持つ現行型のPASSATは、今やヨーロッパでのこのカテゴリーの市場を席捲するベストセラー。日本での人気もうなずけるところですね。

アウディとの共通部品を多用していた先代とは異なり、自前であるGOLF(ゴルフ)やJETTAと基本的な部品を共用しながら、PASSAT専用の仕立てになっているのが、このPASSATの特徴。

室内の広さも当然ながら十分に確保され、リアシートが可倒式になっていることで利便性が高いのもポイントのひとつになっています。

手頃にゆったりとしたドイツ車を楽しむには、最適の一台と言えるでしょう。

ラインアップは、2.0L、2.0Lターボ、3.2Lに各々1車種の計3車種を設定。価格は322万〜443万となっています。
posted by Meister | ワーゲン(VOLKSWAGEN)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。