フォルクスワーゲン GOLF TOURAN(トゥーラン)

スポンサードリンク
GOLFという名を冠していても、あの名高いGOLFとは全くイメージの違う、ドイツ車らしいミニバンといえるのが、このGOLF TOURAN。

この車の最大の特徴は、ミニバンの定石である高いルーフや3列シート(7人乗り)を踏襲するオーソドックスな面を持ち合わせながら、今やフォルクスワーゲンの目玉となりつつあるツインチャージャー(スーパーチャージャー+ターボ)のTSIユニットを搭載することで、走りを強調したつくりになっていること。

ハイグレードでは、1.4Lの排気量ながら、何と170psを搾り出しています(ベーシックグレードは140ps)。その走りは、”TOURAN GT”とでも呼びたくなるほど!

ラインアップは1.4L TSIエンジンを搭載した2グレードのみで、価格は275万と325万になっていますが、エンジン出力が30ps違うのみで50万の価格差がありますから、どちらを選ぶか微妙なところですね。
posted by Meister | ワーゲン(VOLKSWAGEN)

フォルクスワーゲン GOLF

スポンサードリンク
フォルクスワーゲンといえば、『GOLF』というぐらい有名な車ですよね。フォルクスワーゲンのシンボル的存在として、どんな車かは知らなくても、名前を知らない人はいないんじゃないかというぐらい。

このGOLF、私が見る限り、モデルチェンジする度にカッコよくなっています。モデルチェンジの変遷の中で、「この代は駄目だなぁ・・・」なんて思うことがある車が多い中で、珍しいドイツ車だと思います。あくまでも、私的な意見ですが・・・(^^;。

もちろん、デザイン的なことだけではなく、その性能も代々進化しています。

現在のモデルでは、高いボディ剛性とそれに見合うハンドリング(なんと、電動パワステ!)チューンで高次元の安定性を実現していますし、また、「GT TSI」というグレードではスーパーチャージャーとターボチャージャーを組み合わせた「ツインチャージャー」で1.4Lの排気量ながら、革新的な走りを実現しています。

排気量ラインアップは、1.4L、1.6L、2.0L、3.2L。また、価格帯も、240万〜440万と、GOLFファンを広げる設定になっています。
posted by Meister | ワーゲン(VOLKSWAGEN)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。